ポエニ戦争結末とその後(4)

以下ウィキペディアからもらいました。長いのでかなり端折っています。

ローマはハンニバルの攻撃は予測していたが、まさかアルプス山脈を越えて侵攻してくるとは思ってはおらず、イベリア半島での戦闘準備を行っていた。執政官プブリウス・コルネリウス・スキピオは直ちにハンニバルの動きを阻止すべくローマ軍を出動させるが、ティキヌスの戦いでハンニバルに撃破され、スキピオ自身も負傷する。

ハンニバルはトラシメヌス湖畔の戦いで不衛生な沼沢地の行軍などにより、疫病で左目の視力を失うもジャンジャカ勝ち進んだ。 ローマは非常事態宣言を発令し、クィントゥス・ファビウス・マクシムス独裁官に任命し、ファビウスはハンニバルと対峙しつつ直接の戦闘は避けるという方針で臨んだ。 ファビウスはハンニバル軍に接近するものの、ハンニバルが戦いの火蓋を切ろうとすると退くということを繰り返す。

カンナエの戦いではローマ軍を完膚なきまでに叩き潰すが・・・

これ以降ローマはハンニバルに対して消極的な戦法に徹する。

カルタゴ政府は初めは日和見の立場を取っていたが制海権をローマに握られているせいもあって、ハンニバルは本国とうまく連携することができなかった。

ローマ側の反撃、スキピオ登場

ローマはハンニバルをイタリア半島に封じ込めながら、国外の敵対勢力を各個に撃破・無力化して行く。

紀元前207年、ハンニバルは再度北上してアプリア地方を制圧、ここでイベリア半島から西進する弟・ハスドルバルの支援を待ったが、ハスドルバルはその途上にメタウルスの戦いで戦死してしまう。さらにハンニバルと行動を共にしていた弟・マゴリグリア攻略失敗、またピリッポス5世との連携の失敗などによって、南イタリアでの主導権回復の術を失う。

ザマの戦い

ザマの戦いはそれまでのハンニバルの戦いと異なり、歩兵ではカルタゴ有利なものの騎兵ではローマ軍に劣るという状況であった。この劣勢を覆すためにハンニバルは先頭に戦象を配備した。敵に戦象がいる事を知ったスキピオは、軽装歩兵で編成されている歩兵中隊を広い間隔で配置し、直進しかできない戦象を回避させ、無力化する事に成功した。大集団の密集した重装歩兵を基幹とするカルタゴ軍は機動力に勝るローマ軍の騎兵に後方から攻撃され、また前面からはローマ歩兵に包囲されて大敗した。これによってカルタゴの地中海での優位性は完全に失われ、第二次ポエニ戦争はカルタゴの敗北に終わった。

※ここは私の感想ですが、なんでこんなにまでして憎み突き進むのだろう? 後には引けないってこと? 自分の力を試しているの? 自分一人だけなら立ち止まることも出来るけどリーダーとなると自分の思いだけでは立ちいかなくなるの? ハンニバルもカンナエの戦いの後でタズナを緩めたけど、同時にローマ軍の消極戦法と対峙して・・ ハンニバル戦法を学んでハンニバルを絶対に抹殺したいスキピオに結局はやられる。 戦いは嫌いだけど敵に塩を贈る、涙を呑んでお家断絶だけは避けようとする・・  謙信とか兼続のような日本の戦いの方がまだマシな気がするなぁ~ 。

戦後

カルタゴ再建

第二次ポエニ戦争後、カルタゴはローマの同盟国になることを強要され、膨大な賠償金を課せられ、国の前途も危ぶまれた。しかしそれまでカルタゴの政治を牛耳っていた貴族たちが権勢を失い、敗軍の将であるハンニバルの返り咲きが可能になった。彼は先頭に立って母国の経済建て直しを図る。

ハンニバルは行政の長であるスッフェトに選ばれ、改革の陣頭指揮を取る。まず名誉職に過ぎなくなっていたスッフェトの権限を回復し、自分に権限を集中させた。次いでカルタゴの行政母体である「104人委員会」の改革に着手する。直接選挙によって議員を任命することとし、また民衆の支持を背景に議員の任期を終身から2年へと変更した。ハンニバルの行政改革は効果を挙げた。そして改革の結果賠償金返済を完遂し、彼は軍人としてのみならず政治家としての手腕の高さも証明した。

確かにハンニバルはローマを滅亡の渕まで追い込むことに成功した。しかしローマはハンニバルと戦うことで、ハンニバルの包囲殲滅戦術を身につけ、マケドニア戦争やローマ・シリア戦争にも完勝する程の強大な存在となった。

その後ハンニバルはシリアへ亡命

最期は

シリア戦争の後、ハンニバルはローマの追っ手から逃れる為にクレタ島、さらに黒海沿岸のビテュニア王国へと亡命した。暫くはローマ側もハンニバルがビテュニアへ留まっていたのを知っていたが、元老院の使者としてビテュニアを訪れたティトゥス・クィンクティウス・フラミニヌスはビテュニア王(プルシアス1世)に対し、ハンニバルの身柄の引渡しを迫った。これを察知したハンニバルは逃亡を図ったが、果たせずに自殺した[4]。 奴隷に首を絞めさせたとも、毒薬を仰いだとも伝わっている[5]

なお、没年は紀元前183年か紀元前182年とされるが、ハンニバルのかつての好敵手スキピオ・アフリカヌスもローマ元老院の弾劾を受けて政界を退き、ローマを離れた地で紀元前183年に没している。

ハンニバル・アルプス越えルート(3)

ハンニバルのアルプス越えのルートは諸説あります。

私は勝手にグルノーブル~セストリエーレ(トリノ県南西部のコムーネである。県都・州都トリノの西約65km、クーネオの北西約79km、グルノーブルの東南東約97kmに位置する(2006年オリンピック男子アルペン競技会場)~トリノと思い込んでいます。 セストリエーレをドライブした時のブログがありました(こちらをクリックして見て下さい)

グルノーブルとトリノの間、黄色いサークルで囲んだところです。 数年前にそのあたりをドライブしていて厳冬期にも関わらず山に雪がそれほどついていない、標高も程々、山から下りて平野部が近いなどから、その時、アルプス越えはここにしてほしいと思いました。

余談ながら日本でも耳にする「スローフード」はクーネオのブラという街から誕生しました。(此処をクリックしてみてね・ウィキペディア)

sestriere

ハンニバル・第二次ポエニ戦争(2)

以下はウィキペディアよりもらいました。

紀元前221年カルタゴはローマとエブロ川を境界として相互不可侵条約を結んでいたが、ハンニバルの力を恐れたローマはエブロ川南方にある都市サグントゥム(現サグント)と同盟関係を結び、彼の侵出を阻止しようとする。しかし、ハンニバルはサグントゥムを包囲攻撃し、八ヶ月後に陥落させた[1]。ローマはハンニバルの行動を条約違反としてカルタゴ政府に懲罰を要求したが、ハンニバルの絶大な人気の前に、カルタゴ政府は彼に対して何の手も打てなかった。

紀元前218年、ハンニバルはカルタゴ・ノウァを出発。はじめハンニバルの軍勢は歩兵 90,000人(リビア兵 60,000、スペイン兵 30,000)、騎兵 12,000(ヌミディア兵主体)、戦象 37 頭、カルタゴの伝統通り将官以外は全て傭兵だったという[2]。ハンニバルはエブロ川を渡ったところで、歩兵 10,000 人、騎兵 1,000 人をピレネー山脈からエブロ川までの守りに残し、また遠征に不安を抱いたスペイン兵は帰還させた。ハンニバルの軍勢は歩兵 50,000 、騎兵 9,000 、戦象 37 頭となった。これを率い、ハンニバルはピレネー山脈を越えガリアに入った。

ローマはハンニバルのガリア侵入に気付いたが、深い森林のためにすぐに彼の軍勢の所在が分からなくなった。ハンニバルはローヌ川を渡るにあたり、騎兵を上流から先発させて対岸のガリア人を掃討し、妨害を排除したが、渡河は危険であり、多くの犠牲が出た。ここでハンニバルの軍勢は歩兵・騎兵あわせて 46,000 まで減った。戦象も 30 頭は健在だったようである。この渡河の際、ローヌの下流を巡回していたハンニバルの騎兵 500 が、ハンニバル軍を探索するローマ騎兵 300 と戦闘になった。索敵していたローマの執政官プブリウス・コルネリウス・スキピオが現地に駆けつけたが、彼の到着の3日も前にハンニバルは渡河を終え、アルプス山脈に向かっていた。

ついにハンニバルはイタリア半島へ進軍し、ローマの元老院を驚愕させる。第二次ポエニ戦争(別名、ハンニバル戦争、紀元前218年 - 紀元前201年)の始まりであった。

アルプス越えの図(ウィキペディアより)

alps第二次ポエニ戦争(こんな解説も!)ざっくりをYoutubeからもらいました(←クリック)

ハンニバル・バルカ(1)

始めに:

水爺さんのバーチャルトラベル聖地巡礼パック旅行物語の復路を有志で

完成させましょうという話になり私はロドス島~クレタ島~モドーネまでを

サント・ブラスカさん、35才と旅することになりました。

そこでもう一度水爺さんのバーチャルトラベルを読みなおしていたら、

ハンニバルの名前が出てきて、それはそれは気になりちょっとだけ寄り道、

彼について書いてみます。 以下はウィキペディアからの抜粋です。

ハンニバル・バルカはハミルカル・バルカの長子。

第二次ポエニ戦争を開始した人物とされており、カルタゴが滅びた後もローマ史上最強の敵として後世まで語り伝えられていた。

第一次ポエニ戦争シチリア共和政ローマに奪われると、ハンニバルの父、ハミルカルは当時未開であったイベリア半島の植民地化政策に乗り出す。そして植民都市カルタゴ・ノウァを建設し、イベリア人諸部族をまとめて兵士を集め、軍隊を養成した。古代ローマの歴史家ティトゥス・リウィウスによると、ハンニバルが父に同行を願い出た際、父はハンニバルをバアルの神殿に連れて行き、息子に一生ローマを敵とする事を誓わせたという。

第2次ポエニ戦争において海戦では不利と読んだハンニバル(BC247/246-BC183)当時28歳は象37頭を先頭に歩兵3.8万人、騎兵8千騎で陸路を辿り険しいアルプス越えをしてイタリアに進軍し、忍法にも通じる戦法でローマ軍に連戦勝利した。

800px-Hannibal_route_of_invasion

2001年の旅・USA


アメリカ国立公園巡りドライブ

アメリカ国立公園巡りドライブ

2001年6月21日~7月9日

世界には優れた建造物・歴史ある街、素晴らしい芸術作品が溢れていてそれは凄い物で しばし心打たれることがある。 人生の香りとなる。

でも何と言っても自然の美しさ母なる地球の、やがて自分が帰っていく大地には

何時もえも言われぬ感動がある。

まずはイエローストーンの映像をYoutubeからもらいました、ここをクリックしてね。


usa

1日目   2日目  3日目   4日目  5日目  6日目  7日目  8日目

9日目  10日目  11日目  12日目  13日目  14日目  15日目  16日目

アメリカは広い。 なので夫々の希望地を車で廻ることにした。

連れ合いの希望はパイクスピークヒルクライムレース見物

クレイジーホース見物、 アーチーズ国立公園。

私の行きたい所は 昔英語の 教科書で見たイエローストーン

マウントラッシュモーに決定。

「地球の歩き方」・「アメリカの国立公園」・「アメリカドライブ」

などの本と大使館・書店で購入した地図で行き先を大ざっぱに決める。
体力・金力を考慮して一日平均300km走行、モーテル利用の旅とする。

1日目~16日までをクリックして見て下さい。

モーターキット・完成品入れの箱用厚紙

理科で遊ぼう会からのお願いです。
モーターのキット・完成品を入れる箱の厚紙を集めています。
 

サイズはA4、紙質はタオルやシャツなどの化粧箱程度のもの。

(箱1個を作るのにA4サイズの紙を2枚使います)

参考のため完成写真を添付します。(右側がなにかの化粧箱、
左側が写真のプリント紙で作ったものです。
サイズは 130X130X50mm です)
downloadInlineDirect