聖地巡礼パック旅行物語(その16)=ヤッファ(現在のテルアビブ)

by mizjiee

250px-Yafo

現代のテルアビブのパノラマ写真

 コンタリーナ号は、7月20日に、ヤッファに、到着したが、船長から「通行許可書が届くまでは、絶対に上陸してはならない」と云われる。
 通行許可書なしのキリスト教徒の、この異教地での安全は、保証できない。 安全は、異教徒たちの気まぐれにかかっているのが現状。
 入港直後に船長は、書記をラーマの町に送ったのである。 許可書をもって戻ってくるまで、3日は、かかろうと船長は言う。

 7月24日、朝方、待ちわびていた、通行許可書をたずさえた一行が到着。 一緒に、何十頭ものらくだやろばも到着する。 我々を、聖地に運んでくれる動物たちだ。

テルアビブ ー エルサレム間の距離は、約65Km。



ガザ地区=中東のシナイ半島の北東部、東地中海に面して存在する帯状の地域で、パレスチナの一角に位置する。その名称は中心都市であるガザに由来している。約360 km2ほどの地域に150万人の人々が存在している。ガザ地区の総面積は、例えれば東京23区の約6割の面積に相当する。

現在ガザ地区に住む人々の3分の2は1948年の第一次中東戦争によって発生したパレスチナ難民およびその子孫である。この難民問題の解決策は現在も決定していない。

イスラエル軍の攻撃を受けるガザ地区郊外 ↑

イスラエル軍の攻撃によって破壊されたヤーセル・アラファト国際空港の建物 ↑

(以上、出典は、ウィキペディア)

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>