聖地巡礼パック旅行物語(その33)=コルフ島3  城塞都市  

by yoshi

ai.koruhu


冷静なヴェネツィア人ですら、トルコとは和平条約を結んだ仲でありながら、臨戦体制を固めるのに、殺気立っていたのである。
コルフ島の大城塞の中には、優に3ヶ月の籠城に耐えられる量の、弾丸や武器や兵糧が貯蔵されていたということだ。


コルフ島はギリシャ本土とイタリア南部を結ぶ線上にあるため、ヴェネツィア共和国領だったときから重要な地位を占め、複数の城を持っているこの都市は「カストロポリス」(Kastropolis, 城塞都市)としても知られています。

コルフ島の絵 新、旧要塞
左は「コルフ島城塞」  塩野七生著「海の都の物語 下」より

 

pareo 1

 

neo 1

どちらの要塞もヴェネツィア時代に建てられましたが、新要塞は16世紀後半(1577~1588)に建てられたので、サントブラスカさんが行かれた頃は旧要塞しかなかったのですね。上の木版画の城塞は、巡礼船に同行した木版師が描いたものかどうかは分かりませんが、旧要塞のようですね。

因みに、旧要塞の入場料は大人一人4ユーロ、新要塞は6ユーロと どなたかのブログに出ていましたが、今はどうなんでしょうか。

旧要塞、新要塞について書かれているブログです。
http://4travel.jp/travelogue/10764992

 

 


Comment

  1. qq より:

    要塞のオンパレードですね!

    しかし、南仏もそうですが陸続きの
    南欧の国々、長い歴史が幾つもの要塞を
    いたる所に築き、あくなき戦いが
    繰り返されてきたのですねぇ~ 。

  2. yoshi より:

    多くの都市に城塞があるわね。城塞だらけ。

    戦いの遺産を、今は観光で訪れてるのですね・・・。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>