聖地巡礼パック旅行物語(その35)=コルフ島5 神話の中のコルフ(ケルキラ)

by yoshi

オデュッセイア ばら

ホメーロス作『オデュッセイア』で、主人公オデュッセウスはトロイア戦争からの帰途、幾多の苦難の果てに故郷イタケーに帰り着きます。その直前に立ち寄った島が、ナウシカアーの住むスケリア島(コルフ島)です。

画像は「オデュッセイア」という薔薇です。

オデュッセウスとナウシカアー
ナウシカーとオデュッセイア
一つ目巨人ポリュペーモスから逃れたオデュッセウスだったが、ポリュペーモスの父ポセイドーンの怒りに触れ、乗っていた筏は嵐に吹き飛ばされてしまう。オデュッセウスは、身にまとうものひとつない状態でスケリア島の海岸に漂着したところをナウシカアーに救われる。ナウシカアーはオデュッセウスを王宮に招き入れ、身だしなみを整えさせる。立派な姿となったオデュッセウスを見たアルキノオスは、オデュッセウスがこのままとどまり、ナウシカアーを妻としてくれればよいと考え、ナウシカアーもまたオデュッセウスに好意以上の気持ちを抱く。しかし、オデュッセウスがイタケーの王であり、かつ妻ペーネロペーが待つイタケーへ帰りたがっていることを知ったナウシカアーは、オデュッセウスを船に乗せ、イタケーへと送り出す。別れに際して、ナウシカアーは国へ帰ってもいつか自分のことを思い出して欲しいと告げる。(ウィキペディアより要約)
http://www.kitashirakawa.jp/taro/lit.htmlにも詳しい。

pareokasuteri2 オヂュッセウスが着いた島

パレオカステリッツァのビーチ
オデュッセウスが、海神ポセイドンに追われて船が難破し、命を落としかけながら浜辺にうちあげられて、島の王女ナウシカアーと会った海岸だとの伝説がある海辺。
画像はhttp://ya170519su.at.webry.info/201301/article_6.htmlから頂きました。

 

余談ですが・・・・・
因みに、ナウシカアーは、宮崎駿監督作品「風の谷のナウシカ」のヒロイン ナウシカの
モデルになった人です。
同じ宮崎作品の「紅の豚」は、アドリア海、クロアチアのドゥブロヴニクが舞台です。

 

 

Comment

  1. QQ より:

    へぇ~ 、 そうだったんだ!

    やっぱり、宮崎駿監督のは面白いね。
    そうそう、さっき「魔女の宅急便」を
    アマゾンで注文したの。
    2さいの孫の誕生祝に♪

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>