アトランタ歴史センター

by mizjiee

productimage_686s

 バックヘッド・エリアの広大な敷地に、アトランタの文化や南北戦争の歴史を展示するアトランタ歴史博物館、研究図書館&資料館、スワンハウスやタリー・スミス農場等貴重な建物が移築されて、保存されているのが、アトランタ歴史センターです。
 2006年には、アトランタでの100周年オリンピック開催を記念する施設もオープン。
 場所は、アトランタの地図をみてください。


 まずは、アトランタ歴史博物館から、見ていくことにしましょう。

 アトランタ歴史センターのメインビルの玄関


19世紀のアトランタの文化を伝える


大規模な南北戦争の歴史展示


当時の武器などの重量を知る事が出来る展示


南北戦争は1861年から1865年まで続いた


ぎょっとするKKKのコスチュームも、展示されている。


 博物館裏には13万㎡の敷地内に、緑あふれる庭園や建物があって森ごと保存されています。

 次は、スワンハウスです。

 スワンハウスとは、世界最大の綿花仲介会社社長エドワード・インマン氏が、現代アメリカ古典建築の最高峰と称されるデザイナー、
フィリップ・シュッツェ氏に依頼し、1928年に建築された大邸宅。


 屋敷の中は、こんな感じ


 次は、タリー・スミス農場

ミス・タリーと呼ばれて親しまれたお婆さんが住んでた家で、彼女が1967年に亡くなって2年後、アトランタ歴史協会が買い取ってこの場所に移築したそうです。スワンハウスに比べると内外とも簡素な作りになっています。


タリー・スミス農場のような貧しい農家は、働き手を確保する為に奴隷を雇うこともあったが、大農園と違って、主人も子供も奴隷と一緒に汗まみれになって働いたようです。
しかし、奴隷は母屋で食事することは決してなく別棟のキッチンで食べてたそうです。

同じ敷地内には、家畜小屋、鍛冶屋、燻製を作る小屋などがあります。


農機具の小屋

 

以上、情報、写真は、以下のサイトより頂きました。

http://izola.exblog.jp/13760512

http://www.atlantahistorycenter.com/exhibit/swan-house

http://blogs.yahoo.co.jp/hqhrt237/37553567.html

Comment

  1. 権兵衛 より:

    南部の富裕の方々の屋敷は矢張り豪勢ですねー

  2. mizjiee より:

    権兵衛さんも、この辺りに、一軒、如何ですか?
    次回は、「アトランタの高級住宅地」を紹介する予定です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>